その他

孫フィーバー、優しい目で見てあげて

子供が出来て、嬉しいのはママやパパになる家族だけではありません。

おじいちゃんや、おばあちゃんになる義理の両親や、実の両親たちにとっても嬉しいことです。

それはいいのですが、中には、異常なほど喜んで、あれもこれもと介入してくるケースがあります。

これがまさに「孫フィーバー」と呼ばれている現象です。

今まさに、高齢化社会で、時間にもお金にも余裕のある高齢者が増えたことが引き金にもなっている言えるでしょう。

孫フィーバー真っ最中の人たちの特徴や、そうなる原因と、対処の仕方などをお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

孫フィーバーの特徴

初孫が生まれた時の喜びは、経験した人にしかわからないものです。

おそらく、これを書いている私も、孫ができたら大はしゃぎすることは十分予想できます(笑)

孫フィーバーにありがちな、特徴的な行動をあげていきましょう。

 

孫に執着する

赤ちゃんが産まれた瞬間、両家の母が病院に駆けつけて、嬉しさのあまりキャピキャピと2人ではしゃいでいたというエピソードを聞いたことがあります。

もちろん、喜んでくれるのは、嬉しいですが、ママの方が産んだばかりで、まだぐったりしている時ですから、少し控えめにしてくれるとありがたいものですよね。

中には、名前まで勝手にあれこれと考え始めたり、せっかく考えた名前にダメ出ししてきたり、ということも。

名付け親になってほしい、と言われるのでしたらまだしも、名前を勝手に考えたくなったとしても、頭の中だけに留めておいて欲しいものです。

 

授乳中そばを離れようとしない

赤ちゃんに授乳している間もそばを離れずじーっと授乳の様子を見ていたという話はよく聞きます。

赤ちゃんを抱っこしたまま、なかなか返してくれなかったり、自分のおっぱいまでくわえさせようとするなんて、びっくりするような行動をとったりする人もいるのです。

そのうち、お宮参りや、お食い初め、七五三と、行事のたびに仕切ろうとしてくる傾向もみられます。

そうして溺愛するあまり毎日でも会いたい、会いに来いと言うようになるのです。

育児のやり方を押し付ける

自分たちの母親世代と、現代とでは、子育ての方法も、環境も大きく違っています。

しかし、母親たちは、自分たちが子育てしてきたときの知識を総動員して、孫の面倒をみたがります。

中には、おしりを叩いたりしながら育ててきた母親が、孫にも同じようなことをすることも。

叩くまでいかなくても、怖い顔を見せたり、脅したり、ということを平気でされると、困りますよね。

だから、それが怖くて子供を預けられない、と言っているお母さんもいるほどです。

それでもどうしても預けなければならない場合は、短時間にするか、別の預け先を見つけるようにしましょう。

 

逆に甘やかしすぎたりもします。

甘いお菓子を大量にあげたり、誕生日でもないのに、高価なおもちゃをたくさん買い与えるのも、困りますよね。

 

勝手に高価な育児グッズを大量に買ってくる

孫ができると、ついついデパートのベビーグッズコーナーを見て回りたくなるのも、当然かもしれません。

便利なベビーグッズは助かる反面、大量にあっても置く場所に困ったり、使用期間が短かったりして、すぐ処分しなければならないこともあります。

買う前に、必要かどうか、出来れば聞いてもらいたいものですよね。

必要がなくても、気を使って買ってもらうことはしないように、上手に断るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

孫フィーバーは余裕がある証拠

何故、親たちは孫が産まれると孫フィーバを巻き起こしてしまうのでしょう?

その原因の根底には、親達世代が、長生きで、貯金がたくさんある、ということがあります。

老後を迎え、ある程度のお金と時間を持て余していると、孫に集中してしまいます。

孫の教育や、孫に買ってやるおもちゃ、孫の将来のことまであれこれと考えて、その考えを押し付けたくなるようです。

一昔前までの、孫が何人もいた時代とは変わって、1人や2人の孫だけだと、当然そこに集中してしまうのです。

 

 

別の原因として、もう一度育児をやり直したい、と思っていることです。

親世代の中には、ずっと働きづめで子供を放ったらかしだったという人や、父親が家事育児に参加しない昭和の世代だと、全部一人で何もかもをやらなければならなかったということもあったでしょう。

本当は、子供の相手をもっとしてあげたかったのに、出来なかったという思いが孫にいってると思われます。

当時を懐かしんで、もう一度赤ちゃんの世話をしたいという人も多いでしょう。

他にも、息子を溺愛していたという母親は、特に、孫に執着する傾向にあるようです。

 

「空の巣症候群」という言葉が表しているように、子供が独立して家を出て行った後、空虚な気分に襲われて、何も手に付かなくなる状態が、引き起こしていることもあります。

久しぶりに頼りにされているという感覚を覚えると、それが快感に感じてしまうのでしょう。

孫を可愛がってくれるのはありがたいし、頼りにしたい時もあるけれど、ママにとってそれがストレスになるようでは、子供にも良くないですよね。

では、どうしたら良いのでしょう?

 

スポンサーリンク

対策は適度な距離感

まずは、適度に距離を置けるならそうしましょう。

今まで週に1度は帰省していたのを、2週に1度、3週に1度、とゆっくりと間隔をあけていけば、それほど抵抗なく距離を置けることでしょう。

どうしても誰かに子供を預けなければならない時にも、親を頼るのではなく、一時預かりなどのサービスを利用してもいいかもしれませんね。

また、あまり離れすぎで、相手に寂しい思いをさせるのも冷たい、ととらえられますので、時には、意識して、電話をしたり、子連れで遊びに行って、短時間で切り上げてくるようにしてみましょう。

 

現代の育児方法をさりげなく教えてあげることも効果的です。

昔の育児方法が現在でも正しいかと言うと、決してそうではありません。

かつては、抱き癖がつくからと、なるべく抱っこしないようにしていたそうですが、最近はたくさん抱っこしてあげましょうと、病院などでも指導されます。

また、虫歯の心配があるので、口移しで食べ物を食べさせたり、口にキスしたり、同じスプーンや箸も出来るだけ使わないようにするのが、現代の子育て法ですよね。

そういうのは、おそらく親の世代は知らないので、食事を与える際などに説明して分かってもらうようにしたいものです。

角が立つからと、言わないで我慢してしまうと、後で子供が虫歯になって、「あの時、母が自分の箸で食べさせたからだ」と思って後悔しても遅いですからね。

ここはきちんと伝えることが大切です。

そういうことが書かれてある育児本のページを見せてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

義母や実母の孫フィーバーへの対処法について書いてきました。

母親たちの気持ちはよくわかるし、孫を可愛がってくれるのは、嬉しいのですが、やはり行き過ぎた行為は我慢できませんよね。

相手と適度な距離を保ちつつ、伝えるべきことは伝えることが大切です。

子供がおばあちゃんのことが大好きで行きたがるのなら、ある程度は行かてあげるべきでしょう。

最初は甘やかされるのが心地よくても、やはり、一番は自分のお母さんです。

お母さんは、子供の事を信頼して、そして自分の子育てにも自信をもって、孫フィーバー真っ最中の母たちと適度に付き合っていけるといいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です