毒親問題

毒親によるストレスはこうやって解消しよう!

日頃から、毒親からのストレスを受けていたり、毒親のことを考えるだけで、胸が痛くなるような息苦しさを覚えたりする場合、なんとか対処したいと思うものです。

一生このまま毒親に苦しめられる人生なんて、勘弁して欲しいものです。

 

毒親だからと、真正面から対抗して喧嘩出来る人もいるでしょうけど、ほとんどの毒親育ちの人は、そこまでの強さは持っていないことが多いと思います。

毒親のことで苦しい時、どうしたらいいのか、そのストレスの解消法について考えてみました。

スポンサーリンク

毒親からのストレス解消法

行動に移すことで、少しずつ心が軽くなりますので、今すぐやれることからやってみましょう。

とにかく実家から離れる

未成年だとなかなか経済的に自立することは困難なので、ある程度お金を貯めて、バイトしながら生活するという選択もあるでしょう。

このブログを読んでくださっている方たちは、結婚して子供がいる人が多いと思いますので、結婚は家を出る絶好の機会になりますよね。

もしかしたら、実家で同居しろ、と言われたかもしれませんが、そればかりは、断固として拒否しましょう。

もちろん、勇気がいる決断ではありますが・・

 

私自身は、高校を卒業して、大学に入る時に一人暮らしをしました。

初めて親元を離れた時の気持ちは、言いようもありません。

「自由ってサイコーー!」

と、感動したのを覚えています。

初めこそは不安でしたが、下宿ということで、友達もすぐに出来たし、親の目が気にならずにやりたいことを自由に出来ることが、こんなにも嬉しいことなのかとしみじみと実感しました。

面倒に感じる土いじり、実はココロとカラダを元気にするんです「土日は、もっぱら土いじりですよ〜」 これは、よくガーデニングや家庭菜園を趣味でやっている人が、言うセリフですね。 言われた...

心の中で縁を切る

様々な事情で、物理的になかなか家を出ることが難しい場合は、一緒に暮らしながらも、心の中で縁を切るという手もあります。

一緒に暮らしていても、必要以上に依存し合うことはなるべく避けたほうが無難です。

心の中では、親ではなく、一緒に暮らしている知り合い、くらいに思うくらいでもいいでしょう。

相手が何か干渉しようとしてきたとしても、相手のためにならないという理由で、断ることが出来るはずです。

つまり、お互いが自立した大人同士、という感覚を持つのです。

理不尽な要求はのまない、代わりにこちらも、相手に依存しすぎない、そんな大人の関係をキープするようにしましょう。

 

子供に依存してくる毒親なら、子供を頼りにしてきます。

ここで、情を出しては、今までと同じですから、助けられる部分は助けてもいいですが、親が自分で出来そうなことはあえて手をださない、「ちょっと自分にもわからない」、「それは私も知らないから出来ない」と、はっきり言いましょう。

それが親を自立させる助けとなるのだと、信じるのです。

子供にどうしても出来ないと言われると、意外と自分でなんとかやろうとしたりするものです。

それくらいしないと、毒親の影響からは抜け出すことが出来ません。

【親子問題】親に対する罪悪感が気にならなくなる考え方親のことで苦しんでいる人が楽になるには、とにかく距離をおくことです。 でも、それが結構難しかったりします。 なぜなら、毒親に...
 

スポンサーリンク

毒親持ちの友人と悩みを共有する

時には毒親の話題について、吐き出す機会を持つことも効果的です。

不思議なもので、毒親育ちの周りには、似たような境遇の友人が集まるものです。

そういう友人たちに、自分の気持ちを打ち明けてみたら、共感してくれることでしょう。

 

ただし、気を付けたいのは、同じ人間でも、打たれ強い人と、そうじゃない人がいるということです。

明らかにひどいことをされているのに、当の本人はケロっとしていることがあるものです。

その辺りを見極めないと、自分が毒親の話題を振ると、白い目で見られることに・・

もしかしたら、ひどい親だな、と思いながらも、割り切って考えられる人なのかもしれません。

 

自分と同じように親の事で傷ついている人には、どんどん吐き出していいと思います。

すると、最後には、「ひどいよね、それ~!」とか言いながら、笑い話になったりして、スッキリすることもありますよ。

 

嫁姑問題に悩んでいるママ友と悩みを共有する

周りに毒親育ちの人が見当たらない時の対処法として、私が提案したいのは、「嫁姑問題で悩んでいる人」に話をふってみる、ということです。

これは、実際やってみたのですが、お互いスッキリするのでいいものです。

相手は、自分の親ではないけど、義理の親のことで、言いたいことが溜まっていて、それを聞いてあげて、こちらはこちらで、自分の親のことを吐き出すのです。

すると、「お互い親のことでは苦労するよね~」ということになり、また溜まったらいつでも話を聞くよ、と言ってあげます。

特に、姑と同居している人だと、まず99%の割合で、何かと不満が溜まっているものです。

だからと言って、いきなり知り合ったばかりのママ友にそんなグチは言えないものです。

親しくなって、お互いの家の事情を理解しあった関係だからこそ、言い合えるものだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

毒親からのストレスを解消する方法について書きましたが、参考になったでしょうか?

精神的にも物理的にも離れて、同じような悩みを抱えている友人に話してみる。

その相手が、姑と同居しているママ友なら、共感してくれる可能性があるでしょう。

別にアドバイスを求めるのではなく、単に、グチを聞いてもらうだけでも、スッキリするに違いありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です