家事のあれこれ

生ゴミってどうしてる?絶対臭いを出さないアイデア

家庭で出る生ゴミ、自治体のゴミ回収日まで、皆さんは、どうやって保管していますか?

置いておく間に、臭いが発生したり、害虫が来たり、夏場は特に気を使いますよね。

家族が増えれば増えただけゴミの量も増えるもの。

もしゴミが臭っていても、意外と自分や家族は慣れてしまって気づかなくても、お客さんは気づいているかもしれません。

臭いを出さずに、清潔に保管、または処理するためのアイデアをまとめてみました。

スポンサーリンク

今すぐできる生ゴミ処理アイデア

すぐにできる方法を、いろいろ組み合わせて対処するのが効果的です。

いくつかあげてみますので、出来そうなことから取り入れてみてはいかがでしょう。

しっかり水分を切る

生ゴミは、とにかく、水分が多いとそれだけ腐敗して臭いを発生しやすいです。

ですので、まずは、水分を出来るだけしっかり切るようにしましょう。

新聞紙にくるんだり、三角コーナーを利用して水切りをするなどで出来ます。

また、三角コーナーの中に放置したままだと、臭いが発生しますので、フタ付きのものにするか、こまめに捨てるようにしましょう。

 

脱臭効果のあるものを使う

臭いには、クエン酸、重曹、コーヒーかすなどをふりかけることでも効果はあります。

アルコールスプレーや市販の生ゴミ用消臭スプレーを使ったり、ゴミ箱に取り付ける消臭剤などもありますね。

 

ゴミ袋は二重にする

基本、生ゴミを捨てる際には、ビニール袋を二重にするだけでも、かなりの臭いや水漏れを防げます。

1枚だと、水漏れすることもありますし、臭いだって確実に漏れてきますので、多少面倒でも、2枚は必ず使いましょう。

 

フタ付のゴミ箱を使う

キッチンに置くゴミ箱は、フタ付きのものがベストです。

私は、独身時代に、フタが汚れるから(!?)という理由で、フタを外してゴミ箱を置いていました。

フタがない分、捨てるのに楽ちんなのですが、やはり、臭いは出ます。

なので、絶対にゴミ箱のフタは外さないようにしましょう(笑)

オススメは、ペダルがついていて、開閉が楽で、密閉性の高いものです。

ottostyle.jp ペダル式ごみ箱 角型 30L 【オフホワイト】 ガスダンパー機能 蓋付き おしゃれ レトロ キッチン リビング 45リットルゴミ袋対応

新品価格
¥5,400から
(2020/2/4 15:33時点)

 

冷凍庫またはチルド室で保管

生ゴミを冷凍庫やチルド室で、回収日まで保管している、という話も結構耳にします。

「元々は食べ物なのだから、入れても問題ない」、という人もいれば、「やっぱりゴミはゴミ、入れたくない」、という人もいるでしょう。

自分は平気でも家族が嫌な顔をすることもあるので、そんな時は、中身が見えづらいビニール袋を使うか、外側を新聞紙でくるんでおくなどの工夫で対応できます。

腐りやすい魚の内臓などだけを冷凍する、という方法もあります。

あとは、冷凍庫に入れたまま、ゴミの日に出し忘れないよう、注意しましょう。

 

外(ベランダ)に置く

生ゴミを家の中に置くこと自体抵抗がある、という人は、外にゴミ箱を設置して、そこにこまめに捨てに行く、という方法があります。

その場合には、カラスや害虫がよってくるのを防ぐためにも、必ずフタ付きで、臭いが漏れない気密性の高いゴミ箱を準備しましょう。

こういうタイプのゴミ箱は、軽くて持ち運びに便利な分、台風などの風の強い時は、倒れやすいので、重りを乗せておいたり、紐で縛るなどの工夫が必要になります。

アスベル R分別ダストボックス45Lジョイント式 レッド

新品価格
¥1,401から
(2020/2/7 19:19時点)

 

 

スポンサーリンク

生ゴミ処理機を購入する

生ゴミを乾燥させたり、堆肥にしてくれるのが生ゴミ処理機です。

いろいろ面倒な生ゴミ処理をするくらいなら、これを買って置いておくだけで、臭いを気にせず、生ゴミの量を減らせるので、大変便利でしょう。

家庭用の生ゴミ処理機は色々なものが出ているので、置き場所や、何人家族かによって、選ぶことができます。

また、稼働させる際の音や、電気代なども、選ぶ際の基準にするといいでしょう。

庭にコンポストを置くなら、おしゃれな見た目がポイント家庭の生ゴミは、コンポストを使えば、減らせるし、家庭菜園の肥料にも出来ます。 我が家では、肥料ではなく、単に「生ゴミを減らしたい」...

屋外用コンポスター

生ゴミ処理には、屋外に置くタイプのものもあります。

ベランダに設置できるものから、土の上にそのまま置くタイプのものまで、多種多様です。

家庭菜園のために、堆肥をたくさん作りたい場合などにオススメです。

落ち葉をそのまま入れることも出来ます。

スポンサーリンク

生ゴミはなぜ臭う?

生ゴミが臭くなるのは、「嫌気性微生物」の活動が活発になるため。

嫌気性微生物というのは、酸素を必要としない微生物のことで、温度、湿度、栄養の条件が揃うことで、活動を始めます。

ですので、密封したビニール袋の生ゴミは、こうした条件が全て揃うのに最適と言えますね。

水分を出来るだけ少なくして、夏場は早めに処理することが重要でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

生ゴミをどう処理するかについて、まとめましたが、対策をとることで、必ず臭いや害虫の被害は防げるものです。

毎日過ごす空間は、常に清潔感を保っていたいもの。

生ゴミ処理機なども検討して、きれいな空間を維持していきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です