フラワーレメディ

【手作りハンドクリーム】ほんのり香るクリームで癒しのひとときを

ハンドクリームって、手作りできるのをご存知でしょうか?

お店には、たくさんの種類のハンドクリームが売っていますが、自分で好きな香りを入れて作ってみるのって、なんとなく贅沢な気分を味わえそうだと思いません?

 

心を込めて作ったハンドクリームを、たっぷりと手にとって塗る時、きっと体も心も満たされて、最高のリラックスタイムを味わえることでしょう。

 

材料をそろえれば、作り方は、とっても簡単!

 

まずは、どんな材料を揃えたらいいのか、説明していきましょう。

 

スポンサーリンク

手作りハンドクリームの材料

ハンドクリーム作りに必要な、主な材料は以下のようになっています。

シアバター

シアバターとは、主に西アフリカに生息するシアの木の実から採れる油のことです。

日本でも、ロクシタンで有名になりましたよね。

シアバターは大変保湿効果が高く、肌に浸透しやすい性質を持っており、赤ちゃんからお年寄りまで、安心して使えます。

 

成分としては、酸化しにくいステアリン酸、肌に浸透させる脂肪酸のオレイン酸、他にもリノール酸やパルミチン酸などの脂肪酸が肌への浸透を助ける働きを持っています。

その他に、自然治癒力を高めたり、肌の再生能力を促す、美肌に効果的、など、多くの効果があると言われているのです。

 

ミツロウ

働きバチが巣を作るために、腹部のロウ分泌腺から出たもので、熱を加えて加工されたものが、ミツロウ(蜜蝋、ビーズワックス)として販売されています。

ハチから分泌されたものは透明ですが、花粉、プロポリス、排泄物などが混じり、黄色や茶色に変わっていきます。

一般に販売されているものは、淡黄色や濃黄色で、これは精製する前のものになります。

精製した白いミツロウも販売されています。

 

ミツロウは保湿力に優れていることから、昔からクリームやリップの原料に使われていました。

 

他にもロウソク、クレヨン、お菓子(カヌレ)の材料にも使われています。

ピヨちゃん
ピヨちゃん
ちなみにミツロウで作られたロウソクは、炎が揺れなくて、しかもほのかなミツロウの香りもするし、煙もあまり出ないんだって

 

植物油

ハンドクリームの材料に使われる植物油の特徴として、酸化しにくいことや刺激が少ないものであることがあげられます。

定番は、ホホバオイル、スイートアーモンドオイル、オリーブオイルです。

 

私は以前から無印良品のホホバオイルを使っていますが、とても肌になじみやすく、サラっとした使い心地がお気に入りで、普段からメイクを落としたり、お風呂上がりに全身に使うなどして活用しています。

 

アロマ

好きなアロマ(精油)をプラスすることで、使うたびに心地よい香りに包まれることができます。

私のオススメは、ラベンダーや、レモングラスです。

 

ラベンダー:ストレスや緊張を和らげる、抗菌、殺菌作用など

レモングラス:鎮痛作用、虫除けの効果、抗炎症作用など

 

ハンドクリームに使うアロマの量は、ごくわずかですが、妊娠中や、赤ちゃんに使う場合には、さらに量を少なくしたり、アロマを入れるのを控えたりなどして対応するようにしてください。

 

フラワーレメディ

私は、必ずこれを入れます。

ハンドクリームに、単なる保湿効果だけではなく、精神面での作用を期待することができるからです。

自分の心の状態に合ったフラワーレメディを配合したハンドクリームは、肌の表面から良い波動となって作用し、精神面を健康に保つことに役立つはずです。

 

フラワーレメディについては、別の記事で詳しく書いていますので、よろしければご覧ください。

【フラワーレメディ】植物のエネルギーが人の心を癒す。優しい自然療法普段、人は、様々な意識や気分を感じながら日常を過ごしています。 それが、常に良い状態であれば何も問題はありません。 ...

 

スポンサーリンク

ハンドクリームの簡単な作り方

では、作り方です。

材料

シアバター 28g
ミツロウ 4g
ホホバオイル 16g
アロマ 1〜2滴
フラワーレメディ 2滴

ミツロウは、1歳以下の赤ちゃんには使わないようにしてください。ミツロウなしでもシアバターと植物油で作れますよ。

 

全ての材料をはかり、アロマとフラワーレメディ以外の材料を耐熱ビーカーなどに入れ、沸騰して火を止めた鍋のお湯に入れて、ゆっくりと湯煎で溶かします。(ミツロウは最後に溶けます)

全部溶けたら、お湯から出して、アロマとフラワーエッセンスを1〜2滴ずつ入れて、さらによ〜くかき混ぜて、容器に入れたら完成です。

 

とっても簡単ですね^ ^

 

作り方の動画も載せておきました。

ピヨちゃん
ピヨちゃん
ミツロウが多めだと、硬くなるよ。お好みで配分を変えてみてね

 

 

スポンサーリンク

手作りハンドクリームのメリット

手作りの良いところは、なんと言ってもコスパの良さ!

シアバターを日本人に浸透させた「ロクシンタン」のハンドクリームだと、30mlで1,400円です。

今回使った材料費は以下のとおりです。

ミツロウ(100g) 798円
シアバター (100g)880円
ホホバオイル (100ml)2,739円
アロマ  1本 約660円
フラワーエッセンス 1本 約2,000円
ガラス瓶 100円

これで、約40gのハンドクリームを作れば、900円くらいで作れちゃいます!

 

もちろん、大手のブランドのものは、材料もさらに良いものを使っているのかもしれませんが、自分で使うものだからと、そこまでこだわらなければ、これで十分でしょう。

しかも、香りを変えたり、配分を変えてみるなど、いろいろ試せるという楽しみもあります。

スポンサーリンク

まとめ

自分でハンドクリームを作っている時って、なんだかとっても贅沢な時間を味わっているような気分になります。

愛着が湧く、と言ったらいいのでしょうか、そのクリームを使っている時間は、自分を大切にしている瞬間とも言えるんです。

愛情のこもったクリーム、是非皆さんも作ってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です