ライフスタイル

作るのも食べるのも楽しい!手軽な「お家カフェ」のためのランチメニュー

こんにちは。

休日のランチは炭水化物のオンパレードになりがちな、ますみんです。

さて、新型コロナウイルスのために、休校やテレワークで家族が家にいると、私のような主婦は、1日中キッチンに立ちっぱなしになってしまいます。

お昼ご飯を作るの面倒だな、と思っても「今日も、お家カフェが楽しめる!」と思えば、毎日のランチタイムを明るい気分で過ごすことができるでしょう。

 

さて、お昼ご飯って、「早い、うまい」じゃないですけど、

・簡単
・手軽
・使う食器が少ない

という条件で用意できればいいと思うのは、私だけではないでしょう。

カフェに行くこともできないこの時期だからこそ、「お家カフェランチ」と称して、オシャレなメニューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

お家カフェランチに最適なメニュー

お家カフェランチと言っても、あまりにも手間がかかり過ぎては、楽しめないですよね。

作るのも、盛り付けるのも、食べるのも楽しみになるような

カフェっぽいメニュー

をピックアップしました。

あのカフェの味!トルティーヤラップサンド

「あのカフェのメニューを家でも食べたい」と思ったのがきっかけで、作るようになったのが、トルティーヤサンドです。

つまりスタバの「サラダラップ」をマネしただけのもので、売ってるものはもっときつめに巻き巻きしてます。

単にトルティーヤに具材を入れて巻いたものですが、私は結構好きなんですよね。

 

中に入れる具材は、以下のようなものを用意しましたが、冷蔵庫にあるものを組み合わせれば、それなりに美味しくなるはずです。

材料:トルティーヤ(スーパーで売ってるもの)、トマト、レタス、サラダチキン、大豆水煮、チーズ、サルサソース

このサルサソースは、ほとんど辛くはないですが、我が家の子供たちは辛さに敏感なので、少なめか、代わりにドレッシングを使ったりしています。

作り方

⒈トルティーヤはトースターで、軽く温めて、上に具材を乗せて、巻き巻きするだけです。(片方を織り込むようにすると、食べる時に下からはみ出てきません)
ラップに包んで完成です。

具材をテーブルにそのまま出して、自分たちで好きな具を入れて巻いて食べるようにしても楽しいでしょう。

 

これなら飽きないフレンチトーストコンビーフサンド

フレンチトーストって、味に変化がなくて途中で飽きるし、かといって、甘くするのもランチにはちょっと・・と思っていましたが、これだと飽きずに食べられます。

中に入れるものは、個人的にコンビーフが好きなのですが、ハムやツナ、コーンでもOKです。

材料(4人分):食パン8枚、卵3個、牛乳150ml、バター、コンビーフ、トマト、溶けるチーズ

作り方

⒈卵と牛乳をバットに入れてかき混ぜ、食パンをしっかりと浸します。
⒉フライパンにバターを熱し、食パン2枚を入れ、片面を焼き色がつくまで焼き、その横でコンビーフを軽く炒めます。
⒊1枚の食パンをひっくり返して、焼けた面を上にし、コンビーフ、スライスしたトマト、溶けるチーズを乗せます。
⒋もう1枚のパンの焼けた面を下にして、上に重ねます。
⒋そのままひっくり返して、焼き色がついたら、完成です。

ヒント

もし、厚みのあるパンを使う時は、中までじっくり火を通すために、フライパンのフタをして焼いた方がいいですよ

子供も喜ぶ手作りハンバーガー

私はマ○クのハンバーガーを食べると頭が痛くなるので、子供たちのためにも手作りしています。

材料:ハンバーグ、バンズ、トマト、レタス、スライスチーズ

ハンバーガー用のバンズは案外見かけないので、代わりに丸くて甘くないパンで代用してもいいです。(今回は、ライ麦ロールを使いました)

また、ハンバーグですが、私の場合は、夕食にハンバーグを作った時に多めに作って、冷凍するなどしています。

それか、スーパーのハンバーグ用のタネを小さめに分割して焼いて使う方法もあります。

 

作り方

⒈バンズはトースターで軽く温めます。
⒉ハンバーグや他の具材をはさんで完成です。
※ポテトも添えて、「ほら、ハンバーガーセットだよ」、と言えば、子供たちは喜んで食べてくれるでしょう。

 

簡単でボリュームたっぷり冷やしたぬきうどんwithから揚げ

最後は和食です。

ランチに麺類はよく作りますが、具が少なくなりがちなので、栄養面が気になるところでした。

そこで、暖かくなってきたところで、冷やしうどんを作ってみました。

これだと、好きな具をたっぷりと乗せられるし、タンパク質や、野菜もしっかり取れるので、安心ですよね。

材料:ゆでずに使える流水麺、めんつゆ、冷凍唐揚げ、きゅうり、トマト、わかめ、卵、揚げ玉、ネギ など

作り方

⒈温泉卵を作ります。鍋に水を入れ、沸騰したら火を止め、卵をお玉で一つづつ入れ、蓋をせずそのまま12〜15分放置します。その後、水にとって冷まします。

⒉冷凍唐揚げは、レンジを使うよりもグリルで焼いた方がカリッとするので、ホイルに乗せて、最初は焦げないようにアルミホイル をかぶせ、5〜10分温めます。最後の方はホイルをとってカリッと焦げ目をつけます。

⒊きゅうり、トマト、戻したわかめ、ネギを切ります。
⒋水でほぐした麺を盛り付け、上に具材を全部盛り付けて、薄めためんつゆをかけたら完成です。

大人用には食べる時にしょうがや紅しょうがを添えると、さらに美味しくなります。もちろん、おそばでもOK!

コロナで自粛の時こそ「お家カフェ!」テンションの上がるグッズで気分を盛り上げましょうこんにちは、お家カフェに憧れるますみんです。 臨時休校とか、長い休みの時は、毎日のお昼を”お家カフェ風に”というのは大変ですよね。...

スポンサーリンク

まとめ

今回ご紹介したメニューは、時間もそんなにかからないし、栄養もあるので、家族に食べてもらうには満足のいくものだと思います。

どれもワンプレートで済ませられるので、洗い物もすぐに終わらせることが出来るはずです。

ぜひ皆さんも、お家カフェランチを、家族と、楽しく会話しながら味わってみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です