子育て

敏感な子供(HSC)が思わず夢中になれるおもちゃ

生まれつき、人一倍いろいろな刺激に敏感な子をHSC(ハイリー・センシティブ・チャイルド)と言います。

そういう子供を持つ親は、子育てで、何かと壁にぶつかることが多いでしょう。

HSCの子供は、音や、光、肌の感覚に敏感で、神経質なところがあるため、親が安心できる環境を整えてあげる必要があります。

そんな子には、無理に刺激いっぱいの場所に連れて行くより、一つのことに夢中になれるおもちゃが、親にとっても子供にとっても救いになることもあります。

「うちの子は、敏感すぎて、子育てが大変」

と思っている方は、以下のようなおもちゃを試してみることで、楽になるはずです。

スポンサーリンク

敏感な子供が夢中になるおもちゃ

買っても、一度や二度で飽きてしまうようなものは、意味がありませんので、出来るだけ長い時間集中してくれるものを選んでみました。

同じことを繰り返して遊ぶおもちゃ

あまり刺激が多すぎるものだと、混乱して落ち着かないことがあるので、シンプルに同じ動きを繰り返すおもちゃで、安心感を与えてあげましょう。

このおもちゃは、我が家でも大変重宝しました。

デパートで見た時に気に入って、その場から30分間も動こうとしなかったほどです。(その間、ずっと私がボールを上から入れ続けていましたが・・)

その後、知り合いからゆずってもらったのですが、何年たっても飽きずに1人でよく遊んでいました。

ボールがくるくると回って落ちていくスピードも早すぎもなく遅すぎもなく、目で追っていけるギリギリのスピードなんです。

実に単純なおもちゃなのですが、よく考えられているな〜と思います。

 

木のおもちゃ特有の、手触りと、音がとっても癒されるおもちゃです。

車と、ボールが坂道をくだっていく時の、音が心地よく、子供が自分で繰り返しいつまでも遊んでいられるおもちゃです。

大人から見ると、あっという間に、車が下まで行ってしまうのがちょっと物足りない感じもします。

でも、うちの子供は、最初の車が下に着く前に、途切れることなく、車を滑らせようと、夢中になって遊んでいました。

このおもちゃは、大人からしたら、何が面白いんだろう?と思ってしまいますが(笑)、よく病院や薬局の待合室に置いてあるので、おそらくどんな子供でも好きなおもちゃなのでしょう。

指で、木の部品を上に動かして、ループを滑らせる、狭いループをうまく通す、など、単純な形の中にも、子供が集中して遊べる要素が結構詰まっています。

指先と脳を使って遊べる知育玩具ですね

 

積んだり組み合わせるおもちゃ

次は、昔からある、積み木です。

木製のものや、プラスチックのものなど、実にいろいろな種類のものが出ていますので、お子さんの好きそうなものを選んであげるのも楽しいですね。

Bemixc 積み木 赤ちゃんおもちゃ 男の子 女の子 型はめEVA素材 組み立て ブロック 知育おもちゃ 贈り物 誕生日お祝い クリスマスプレゼント (131PCS)[cb]

 

 

スポンサーリンク

おもちゃを選んであげる基準

HSCの子は、光がチカチカしたり、大きな音が鳴るようなものが苦手なことが多いです。

選ぶ基準は、シンプルで、同じ動きを続けるものや、積み木のように、自分で考えながら、積み上げていくだけのもの、などがいいと思います。

また、1人でも集中して、静かに遊べる環境を作ってあげるといいでしょう。

親は、退屈かもしれませんが、最初のうちは、それに付き合って一緒に遊んであげると、より気持ちが落ち着きやすいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

わが家でも、家で子供の相手をする時間が、非常に長く感じられて、大変な時もありましたので、子供が集中してくれるおもちゃはとても助かりました。

ここにあげたおもちゃは、子供が夢中になって長い時間遊べるようなものです。

子供の特徴を見てあげて、その子が興味を持つようなおもちゃを選んであげると、親としても、とても助かるものですよね。

おもちゃを上手に取り入れて、気持ちが少しでも楽になる子育てを楽しみましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です