体が喜ぶレシピ

プロテインを使った低糖質スイーツ!糖質高めのおやつをアレンジしました

子供が大好きなおやつ、少しでも、砂糖を少なく、体にいいものを、と思うと市販のものではなく、やっぱり手作りが一番です。

でも、単純に砂糖の量を減らすと、「全然甘くない」

体にいいからと、おからなどの材料を使って頑張って作っても、「ぼそぼそして飲み込めない」

となって、結局食べてくれなかったり。

結局、市販のグミや○○○チップスなどを食べる羽目になるのです。

でも、そこで諦めてはいけません!

子供がいかにも好きそうなおやつを、健康かつ、栄養たっぷりのおやつにアレンジして出すようにすれば、喜んで食べてくれるようになります。

 

スポンサーリンク

子供は糖質の高いおやつが大好き

そもそも子供って、糖質が高くて、強烈な香料が使ってあるようなものが大好きです。

そういうお菓子って、見た目も美味しそうだし、新商品も次々に出るので、目移りしてしまいます。

しかも、裏面を見て、思わず糖質の高さにびっくりすることも。

 

だからと言って、健康の事を考えて作るおやつは、時間もかかるうえ、まずくて食べてくれないのです(-_-;)

少しでも、砂糖を減らして、糖質を抑えるようなもので、かつ簡単に出来るものを作ってあげたいですよね。

私がよくやっているのは、砂糖の代わりに、エリスリトールを使ったり、プロテインを混ぜたりする方法です。

それなら、深く考えずに、普通のおやつをアレンジして作れます。

子供と一緒に作れば、「ママと一緒に作った方が楽しいし、美味しい!」と思ってくれるように、

なってくれるといいですよね・・・。

 

スポンサーリンク

エリスリトールの注意点

エリスリトールは、「ラカントS」などのようにスーパーでも、手軽に手に入れやすくなりましたよね。

でも、使い方を間違えてしまうと、ジャリジャリした食感が残ることになるのです。

 

現に、私も何度か失敗しました。

 

ケーキなどのように、オーブンで焼くものなら良いのですが、熱を加えないアイスクリームなどの冷たいおやつには、必ずお湯で溶かし切ってから使ってください。

では、レシピを紹介しますね。

 

スポンサーリンク

プロテインアイスクリーム

プロテイン入りのおやつの中では、本当に簡単に出来るので、私もひんぱんに作っているのが、アイスクリームです。

味も、いろいろ変えられるので、飽きずに食べられますよ。

 

材料(分量は、おおざっぱで問題ないです)

生クリーム 1箱(200ml)
エリスリトール 大さじ4(※このうち大さじ1くらいを普通の砂糖にすると、甘みがもう少し強くなります)
プロテイン(どの味でも) 20g
豆乳 大さじ1
バニラエッセンス 適量

※プレーン味のプロテインを使う場合、味を付けたければ、ココアや、抹茶などの他に、お好きなジャムを混ぜても美味しいです。

 

1.ボウルに生クリームを入れ、8分立てくらいに泡立てます。

 

これくらい。

 

2.別の小さめのボウルにプロテインと、豆乳を入れて、よく混ぜておきます。

 

3.プロテインが溶けたら、生クリームのボウルに入れて、軽く混ぜ合わせます。

 

4.エリスリトールに少量の水を加えて、レンジで20秒くらいチンして、よ~く溶かしておきましょう。(※完全に溶かさないと、ジャリジャリしてしまいます)

※ココアパウダーを入れる場合は、ここで、小さじ2くらいを入れ、一緒に混ぜ合わせておきます。

 

5.さきほどのボウルに入れ、バニラエッセンスを加えて、スプーンで混ぜ合わせたら、(ジャムを入れたい時は、最後に入れて、軽く混ぜます)、タッパーに移して、冷凍庫で冷やせば完成です。

 

スポンサーリンク

スイートポテト

サツマイモは糖質が高い!

でも、秋になるとどうしても食べたくなるのは、女性の本能でしょうか。

子供だって、焼き芋は大好きです。

そんな時、焼き芋を丸ごと1本食べてしまうと、糖質が高すぎるので、少しでも量を少なく、かつタンパク質もとれる食べ方を考案しました。

それが、スイートポテトです。

市販のスイートポテトは、砂糖も入っているし、甘すぎるからと敬遠しがちですが、甘みをエリスリトールで代用したり、プロテインを入れることで、健康的なおやつに変えてしまいましょう。

 

材料(分量は、おおざっぱで問題ないです)

さつまいも  中~大
プロテインプレーン味  大さじ3
生クリーム  大さじ2
エリスリトール 25g
バター  30g
バニラエッセンス  適量
卵黄  適量

 

1.まずは、焼き芋から作っていきます。(スーパーで売ってる出来たての焼き芋を使えば、ここは省略できます)

さつまいもをアルミホイルに包んで、グリルで20~30分程度焼きます。

 

 

時々指で押して、やわらかくなっていたら、火を消して、そのまましばらく放置。

今回は、かなり大きいです。

 

2.冷めたら、温かいうちに皮をむいてつぶします。

3.さつまいもがあたたかいうちなら、そこにエリスリトールを投入して溶かします。

(さつまいもが冷めると、エリスリトールが溶けないので、その場合は、少量のお湯に溶かしてから混ぜます)

さつまいもの甘みを見ながら、甘みの量は調節してください。

4.生クリームとバターを入れて、バターを溶かしながら混ぜます。

5.プロテインパウダーと、バニラエッセンスを加えます。

6.手で丸められるなら丸めて、やわらかいならスプーンで、アルミケースに入れて、水で濡らした指で表面をなめらかにととのえ、表面に卵黄を塗ります。

7.トースターで軽く焦げ目がつく程度に焼いたら、完成!

 

 

スポンサーリンク

プロテイン入りヨーグルト

わざわざレシピを書くまでもないですが、よく食べるので、のせておきます。

 

材料は、プレーンヨーグルトとプロテインパウダーとお好きなジャム少々です。

 

1.お皿にプロテインパウダーを入れます。

あまりたくさん入れると粉っぽいので、ヨーグルトの分量の1/3程度。

 

2.プレーンヨーグルトを入れます。

 

3.お好きなジャムを少量いれます。

少なくても十分美味しいです。

 

 

今回は、低糖質ジャムを使いました。

 

4.よ~く混ぜたら完成!(超簡単)

 

プロテイン入りヨーグルトゼリー

次は、さっぱりとしたプロテイン入りヨーグルトのゼリーです。

材料

ゼラチン  10g
プロテインプレーン味  20g
プレーンヨーグルト  200ml
エリスリトール 30g
アーモンドミルク  50ml
バニラエッセンス  適量
熱湯   200ml
みかんの缶詰や、お好みのジャムなど  適量

 

1.ゼラチンを100mlの熱湯で溶かします。

2.エリスリトールも別のお皿に入れて100mlの熱湯で溶かします。

3.1と2を混ぜ合わせます。

4.ヨーグルト入れて混ぜます。

5.プロテイン、アーモンドミルク、バニラエッセンスを入れて混ぜます。

6.みかん(今回は庭のみかんの木からとってきて、皮をむきました)を小さくして混ぜ込みます。

7.タッパーなどに流し込み、冷蔵庫で冷やし固めれば完成。

ほら、プルプルです。

 

盛り付けました。

 

甘さ控えめだったので、生クリームを添えてコクを出してみました。

 

 

スポンサーリンク

プロテイン入りきなこもち

もちなんて、糖質高いから、もってのほか!と思いますよね。

確かに糖質は高い(1個当たりの糖質量25.8g)ので、私はお正月くらいしか口にしていません。

しかし、子供は食べたがります。

きなこ、あんこ、のりしょうゆ・・・

大根おろしのような、食物繊維と一緒に食べると、血糖値が上がりにくいので、いいそうですが、子供は大根おろしなんて、食べないし。

そんな、きこなこもちが大好きな子供のために、糖質そのものを減らすことよりも、きなこの量の1/3をプロテインに代えて、さらに砂糖をエリスリトールにして作ってみました。

 

材料(分量は、おおざっぱで問題ないです)

切り餅 1個
プロテインプレーン味   5g
きなこ  10g
エリスリトール 5g

 

1.お皿におもちと、かぶるくらいの水を入れて、600Wのレンジだと1分30秒チンします。

 

2.おもちが十分にやわらかくなったら、少しだけ水を残して残りの水は捨てます。

3.エリスリトールを入れ、よ~く混ぜます。

※ここで、エリスリトールをよく溶かさないと、じゃりじゃりした食感が残ってしまいます。

 

4.きなこと、プロテインを入れて、軽く混ぜたら完成です。

 

まとめ

手の込んだおやつよりも、普段よく食べているようなおやつをアレンジすれば、あっと言う間に完成するものばかりを紹介してみました。

無理に糖質の高いものを我慢させるのではなく、さりげなく、体にいいものをプラスすることで、抵抗なく食べられる美味しいおやつが完成します。

特に、プロテインは、混ぜられるものには、どんなものにもとりあえず混ぜて、試してみると、意外と合うものがあったりしますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です