子育て

イライラしない家庭での読み聞かせ7個のコツ

子供に絵本を読んであげるのは、簡単だと思っていたけど、どうも全然興味を持ってくれないし、じっとして聞いてくれない、ということはありませんか?

読み聞かせが子供にとって良いのはわかっていても、なかなか子供が集中して聞いてくれなければ、読む気もなくなってくるでしょう。

少しでも、楽しく、イライラせずに読み聞かせをしてあげるためのコツをご紹介します。

【0〜5歳】子供が夢中になる絵本7選小さい子供に絵本を選ぶのって、楽しいけど、どんな絵本がいいのか、迷うものですよね。 せっかく読んであげるなら、子供が飽きずに、何度...

 

スポンサーリンク

コツその1:同じ絵本でもいいので読んであげる

「本当はもっといろいろな絵本を読んであげたいけど、子供が同じ絵本ばかり読めとせがんでくる」

そんな時は、同じ本でもいいので、何度でも読んであげた方がいいのです。

何度も読んでいると、子供が自然に暗記してしまうこともあります。

今関心があるなら、それを大切にしてあげるといいでしょう。

と、言っても、読む側にしてみたら、さすがに同じ本ばかり読むのは飽きてしまいますよね?

そんな時は、「最初は、この絵本を読んで、その後、こっちの絵本も読んであげようか?」と言って、まずいつもの本を先に読んであげれば、満足して、他の絵本もそのまま集中して聞いてくれる可能性が高いですよ。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

コツその2:いろいろなジャンルの絵本を取り入れる

子供が自分で選んだ本だと、結構集中して見ててくれるのに、こっちが良かれと思って選んだ本は全く興味を示さない、ということがあります。

これも仕方のない話ではありますが、私の場合は、子供が興味を持つ本を中心に選んで、その中に、今までなかったジャンルをちらちらと含めるやり方をしました。

例えば、普段本屋さんに行ったら、付録付きのキャラクターが載っている幼児向けの雑誌を子供が選ぶので、とりあえずそれを買ってあげて、それ以外にもう一冊普通の絵本を買ったりなどしていました。

 

他には、定期的に絵本を届けてくれるサービスを利用するのもオススメです。

普段読まないような、絵本が届くことで、興味の範囲が広がっていきます。

スポンサーリンク

コツその3:子供がどんどんページをめくっても気にしないで読む

よくあるのが、読んでいる途中で先が気になって、勝手にページをめくってしまうことです。

こちらとしては、まだ最後まで読んでないじゃない!と戻りたくなるものですが、ここは我慢した方がいいようです。

子供は興味があって先のページを見たいのですから、自由にそうさせてあげましょう。

「待って!ここを最後まで読んだら次のページだよ」と言って、我慢させてしまうと、さっき沸き起こった興味が薄れる可能性もあります。

例え、お話の途中でも、意味が通じなくなっても、子供がめくったページから読んでいけばいいのです。

神経質になる必要などありません。

 

スポンサーリンク

コツその4:感情を込め過ぎない

絵本を読むときに気を付けるべき点として、よくあげられるのが、「感情を込め過ぎない」ことです。

子供は言葉を聞きながら、想像力をいっぱい膨らませているところなので、お母さんの持つイメージが子供に移ってしまうのは、よくありません。

かと言って「棒読み(ぼうよみ)」すればいいというものではないでしょう。

ある程度の抑揚をつけながら、悲しい場面では声のトーンを落として、陽気な場面では明るい声で読むくらいは必要だと思います。

その方が、子供も飽きないですしね。

また、3歳くらいまでの小さい子供には、抑揚をつけた方が楽しめるという報告もありますので、動物の鳴き声などが出てきたら、一緒に真似したりすると楽しいですよね。

 

スポンサーリンク

コツその5:ゆっくり読む

私もそうですが、つい、大人のペースで読んでしまっていませんか?

子供はまだ大人と同じ速さで文章を理解出来ないので、ゆっくり読んであげた方がいいのです。

特に、小さい子向けの絵本は字も少ないですから、ゆっくり読まないとあっという間に最後までいってしまいますから・・・

言葉を覚えさせるためにも、早すぎないか、常に注意しておく必要がありますね。

コツその6:いちいち感想を聞かない

読み終わった後、「ねえねえ、どうだった?面白かったでしょ~?」と聞きたくなるのはやまやまですが、毎回毎回聞くのはやめておきましょう。

子供はいちいち感想を言わなければならないというのがストレスにもなりますし、余韻に浸りたいという気持ちも大切にしたいものです。

 

スポンサーリンク

コツその7:途中で飽きても読み続ける

だいたい、少しでも興味が失せると、あっちへ行ったり、その辺のおもちゃで遊び始めたり、というのはよくあることです。

「いつも最後まで読んだためしがない」とイラっとしますよね。

それでも、お母さんは我慢して、背中に向かって読み続けることをしてみましょう。

すると、急にまた本に興味を持って戻ってくることもあります。

もちろん、そのまま全然興味を示さない、と、わかった時点でやめても構いません。

子供って、目は本に向いていなくても、耳だけはお母さんの読み聞かせを聞いていることも結構あるようです。

がんばってトライしてみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です